MV『答え合わせ』クランクアップ

みなさま、お久しぶりです。監督の八代です。

前作の発表から1年半以上経ち、ようやく新作の制作を進めておりました。今回はちゃんと広報をしようと思いつつ、制作に夢中になってしまってまたもや更新を怠りました。ぐぬぬ。

新作タイトルは『答え合わせ』、初のMV作品になります。COVID-19の影響で群像劇が撮りづらい、というのもありますが、それ以上にひとつ、新ジャンルへの大きな挑戦として楽しんで取り組むことができました。

先週の土日で、おなじみのつくばで映画を撮影しました。卒業してからずっと東京にいるため、『ペルセウスの夜』はほとんどを東京で撮影しましたが、今回は勝山くんの卒業を主題にしているということもあって、別れをしのびつつ原点となった土地でカメラを回すことになりました。

MVにはMVの、短編には短編の、長編には長編の難しさがある、ということは映像をつくってきたひとの共通認識だと思いますが、そうはいってもやはり2時間ものの撮影よりははるかに楽でした。単純な「量」が少ないというのは絶対的にあると思います。

じゃあ、楽ちんだったの、というと全くそんなことはありませんでした。1日目のお昼に歌の収録を始めましたが、2時間で終わると思っていたものが、神経をすり減らしつつ集中して録音を進め、試行錯誤をし、結果として4時間かかってしまい、その疲労困憊状態で撮影に入るという過酷な制作になりました。正直、音楽収録を甘く見ていました。次からは歌の収録と映画撮影は別日にしよう。。。。。。

今回から、社会人の財力をふるってちょっと本格的なカメラで撮影を始めました。やはりきれいに撮れます。これは段違いでした。これまでが運動会を撮影するくらいに使うキヤノンのビデオカメラ(なお、もうキヤノンは民間用ビデオカメラは作っていないらしい)だったので、一眼レンズで撮られる映像はすべてが鮮やかで、自由でした。光を捉えるとはこういうことなのか、と思わされました。そういうわけで監督は1人撮影を楽しんでいたのですが、キャストはクランクインの時からへとへとでした。ごめんね。

疲労困憊のキャストたち(クランクアップにて)

作品はすでに編集段階に入っています。もう13作目ということもあり編集は慣れたものですが、音楽の制作に思ったよりてこずっております。ただやはり、映画作品というのは、「視聴覚刺激」であります。これまでフリーのBGMや著作権切れのクラシックに頼って長編映画を制作してきました。この音楽制作の壁を乗り越えてこそ、ほんとうのオリジナル、自分たちの作品勝負という冒険に出られると思って、日々戦っております。

CMも打ち上げ飲みで撮影しました。すでに第1弾があるので、みなさま見てくださいね! 公開は2021年3月25日、筑波大学の卒業式です。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。