「ペルセウスの夜」GWの撮影

八代です。10連休も終わりますね。みなさまいかがお過ごしでしたか?

Studio-seginusでは、ゴールデンウィークに映画「ペルセウスの夜」の撮影を進めていました。平成最後の日にクランクインし、5月4日(土)まで撮影を続けていました。5月18日に残りのシーンを撮影し、クランクアップする予定です。

今回は大学が舞台の作品ではなかったため、会議室や飲食店、家風のパーティースペースなど、様々な場所をお借りしての撮影となりました。とくに、東北うまいもの酒場 プエドバルさんは、休業日にもかかわらず、撮影を快諾してくださいました。心から感謝します。

正直、今作の撮影は、非常に充実していた一方、頭を悩ませられたものでもありました。半年間にわたる脚本会議や各関係者の熱量が背景にあったためか、「自分だけの作品じゃない」「いい加減には撮れない」という意識が、これまでの作品に比べて強くあったのが大きいです。

「ペルセウスの夜」では生と死という非常に踏み込んだ主題を扱う一方で、各シーンに人間が日常的に経験する弱さや距離といったものが散りばめられており、両立して、観客に伝わるように描ききるのがとても難しいと感じました。一方、これまでは恋愛に特化していた主題を変え、また楽しみはもちろんクオリティの向上を目指す制作は、今までの”一歩先”へと進む充実感や達成感があり、監督としてはいまから上映が楽しみです。

そしてもうひとつ。今作は、社会人としての初作品です。大学を卒業する直前、社会人というものはじつに不自由で、苦痛にあふれたものだと思っていました。それでもぼくは卒業以降、社会人なりに創意工夫をし、なんとか、制作という活動を持続させることができています。もし、モラトリアムの終わりを恐れているひとがいるのであれば、ぼくたちが制作を楽しんでいるのを見て、ぜひ、希望を捨てずに未来を見つめてもらいたいと思っています。

これから作品情報を少しずつ投稿していきますので、楽しみにしていてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。